上手なサッカー ターン

ターン

サッカーが上手くなる方法はとにかくボールを蹴ることです。ボールに触れている時間が長ければ長いほど確実にボールを扱う技術は上がります。特に試合の大事な場面ではミスが許されません。大事な場面で確実にパスをつなげたり、シュートを打ったりするには日ごろの練習からたくさんボールに触れていなければいけません。そして、試合というのは練習のように思い通りにはいきません。

相手の動きを予測しながらボールを奪われないような位置に常に置いておかなければすぐにボールを奪われてしまいます。サッカーは常に攻撃と守備が隣り合わせのスポーツで、攻守の切り替えが大事です。ボールを奪われたらすぐにピンチに直結する場面も多いので、簡単にボールを失うということは、必然的に守備にかける時間が長くなるということになります。

ボールを奪われないテクニックの一つに、ターンがあります。相手と自分の間に体を入れてルーレットのように回りながら相手を交わすマルセイユルーレット、体の向きとは逆方向にボールを蹴りだし、一気に相手を抜き去るクライフターンなど、一つのドリブル、ターンで一気に状況を打開するテクニックを身に着けると、試合でも非常に役に立ちます。