上手なサッカー トラップ

トラップ

サッカーでは、一人の選手が相手からボールを奪い、ドリブルで持ち上がってゴールまで決めるということは滅多になく、複数人の選手でパスを回しながら相手陣内に攻め入りシュートまで持ち込みます。そのとき、相手陣内に攻め込むときはパスが重視されがちですが、実はパスと同じくらい大切なのがパスを受ける技術、つまりトラップです。サッカーの上手さはこの技術によって分かります。

トラップが上手い選手が集まっていると、それだけでパススピードを上げることが可能です。なぜなら、速いパスでもしっかりと足下に収めて瞬時に次の行動に移れるからです。足下に収めるまでの時間が短ければ短いほど相手選手が寄せてくるまでの時間を稼ぐことができ、周囲にいる味方の位置や相手の位置を把握できるため、プレーの選択肢が増えることにつながります。

トラップ

また、トラップは自分へのパスでもあります。味方から受けたパスを足下に収めることは当然のことですが、ボールをワンタッチで自分が進みたい方向に流すことで一歩目からドリブルの姿勢に入ることが可能です。その速度に相手は付いてくることができず、単独での突破が成功する確率が高まるためチームにとっても大きな武器になります。