上手なサッカー パス

パス

サッカーは仲間とボールを繋いでゴールを決めるスポーツですから、パスはもっとも基本的な技術といえます。蹴り方にも様々な種類があります。インサイドキックは基本となる蹴り方です。インサイドキックはもっとも正確に蹴ることができるキックで、足の内側で押し出すように蹴るとまっすぐにボールが転がるでしょう。アウトサイドキックは足の外側で蹴ります。

アウトサイドキックの特徴として、強く蹴り出せば、ボールにシュート回転を加えることができます。インフロントキックは足を斜めに倒すように寝かした蹴り方です。センタリング(クロスボール)やゴールキック、フリーキックなどに使われるもので、長い距離ボールを運びたいときに使われるキックです。ボールにカーブ回転をかけたいときにも使えます。

なお、シュート時に使われるインステップキックやトーキックなどはこの場面ではあまり使われることはありません。サッカー日本代表のチームスタイルとして「パスサッカー」というのがよく言われます。日本にはパスの上手な選手が数多くいて、手本にしたい選手ばかりです。選手がどんな体勢をしているのか、どんな蹴り方をしているのか、ビデオなどでチェックして、それを真似してみるのも上達の早道です。