上手なサッカー アウトフロント

サッカーが上手くなる上で基本中の基本の技術といえるのがアウトフロントの技術です。サッカーにおいてのアウトフロントとは、足の中指を中心にして親指から人差し指部分からくるぶしの部分をインフロントと呼び薬指から小指部分からくるぶしの部分全体が該当します。この部分が使えるようになるメリットは基本プレーの質の向上です。例えばドリブルをする際にスパイクの形状上でボールの下を擦りやすくなります。

その効果によってボールに逆回転がかかり止まるので、ボールを見なくてもきれいな形でドリブルが可能になります。それ以外にもパスの場合には的を絞らせなくさせたり、点を決める上で大事なシュートの際には相手を競られながらもゴールに向けて打てたり野球の変化球であるシュート回転を掛けられるのでキーパーの逆をつけたりとプレイの幅が広がります。その練習方法としては、まずアウトフロントでボールを蹴る感覚を見につけるために一度ボールを持って放して蹴るというリフティングで感覚を磨きます。

そしてリフティングで感覚を磨きつつ、実際のサッカーでどのように活用したらいいのかを学ぶ練習を同時並行で行ないます。パスの場合では基本はインフロントで蹴ればいいので、本番で使うことを想定して歩きながら蹴ることから初めて徐々に走りながら蹴るようにして正確性を身に着けていきます。このパスが出来るようになればシュートも応用が可能なので、これらの一連の練習を積み重ねることが出来ればマスターできます。

アウトフロント