上手なサッカー キック

サッカーをしている人にとっては、色々な課題が沢山生まれてくるものです。サッカーは普段は使わない足を使ってプレーするものですから、全ての動作において練習によって身に付けるものが非常に大事になってくるからです。そして、キックやトラップ、ドリブルなど、色々な技術が総合的に上手くなってこそ、上手い選手として周りからも信頼してもらうことができるようになりますし、敵からも警戒されるような選手になれるのです。

そこで、基本であるキックがうまくなる練習方法ですが、これは狙いを持って蹴ることを続けていくしかありません。インサイドやインステップなど様々な蹴り方がありますが、全てにおいてコントロールを付けることが何よりも大事なことになってきます。そのためには、空き缶などを置いてそこを目指してキックを繰り返すことです。

まずは止まった状態で行っていって、それがある程度できるようになれば、軽くドリブルを入れるなど、実践的に動きを入れながらその過程で狙いを持ってきちんと蹴ることができるようになることが大切なことになってきます。これを徹底的に繰り返すことによって、ボールを蹴る制度を高くしていくことで戦力として必要不可欠な選手になっていけるのです。

キック