上手なサッカー インフロント

インフロント

体が小さい人の中には、インフロントキックを難しいと感じる人も少なくありません。しかし、サッカーの技術力が上がってくると、プレーの幅を広げるためにもインフロントキックを覚える必要があります。初心者であっても、基礎から少しずつステップアップすることで、正しい蹴り方を身につけて上手になることが可能です。

最初は、イメージをつかむために練習を行います。2人で向き合って距離を取り、ボールを相手の胸にパスしていきます。足の甲でボールを上げて、パスします。ボールを足の甲にのせたら、膝も上げて体をひねります。練習を続けることで、自分がイメージしたとおりに相手にパスできるようになっていきます。イメージ通りにパスできるようになったら、実際にインフロントキックで蹴ってみます。

重要なのは、足の場所とインパクトするボールの位置です。足は、親指の付け根あたりでミートして、しっかりと蹴ることができるように意識して練習します。遠くに飛ばそうと意識しすぎると、体に力が入ってしまい、うまくミートできないこともありますが、そのような場合は、初めから練習します。他のスポーツと同様に、サッカーも日々の練習が重要です。繰り返し練習することで徐々に上達していき、できなかったことができるようになります。