上手なサッカー フェイント

フェイント

サッカーの技術を上達させるためには、ドリブルやパスなどの基本的な技術をしっかりと習得することが不可欠になります。その際に実際の試合で役に立つことが多いのはフェイントの技術です。ドリブルで相手を抜くにしても、パスを味方に送るにしても、上手な技術を混ぜることで、試合を有利に進めることができます。この中でも味方にパスを送るときのフェイントは、サッカーの試合において欠かせないものです。パスをするときのフェイントの成功率を高めるための練習として、目線に注意してプレーする方法があります。

通常の場合には試合場全体を見渡して、パスを送る相手を探しますが、この方法ですと目線でパスを送る方向を相手に予期されて、パスをカットされる危険が高まります。そのためにできるだけ、パスを送る方向を見ないで正確にパスを送る練習を繰り返し行なう必要があります。またパスを送る方向とは関係のない方向に目線を向けて、相手を混乱させるのも有効な方法です。

普段の練習でも、こうした目線を意識した練習を行なうことは、実戦でも大きく役に立ちます。ドリブルで相手を抜く時にも、こうした目線での誘導は大きく役に立ちます。ドリブルで抜こうと思っている方向と逆の方向に視線を向けることで、相手の選手の注意をそちらに引き付けることができます。そのためには足元を見ないでも、ボールをしっかりと動かせる練習が必要です。